沖縄の旅行、観光、ビーチ、ツアー、ホテルなどの情報を本島、石垣島、宮古島、西表島、与那国島、久米島、渡嘉敷島、竹富島など各地の非営利情報サイトが集まっています。




・沖縄の人件費は安い…

あるPC会社の求人広告に、時給○○円、沖縄地区のみ○○円と堂々と書かれていました。その金額には100円以上の開きがあります。確かに最低賃金を考えると有る事かも知れませんが、同じ職種でこれは…。県企業を保護するつもりが県民の時給を下げている。
で、ある本で見たのですが、沖縄低賃金の秘密:沖縄中小企業では社長の給料からして安い。だから部長も課長もそれより当然安い。となれば平社員はすごく安い。でも、社長、重役などは安い分会社の経費などで贅沢をしているから実質的月収の格差が大きくなり、平社員の給料は極端に安くなる、と言う構図です。 うーん、これは間違いないかも。

・沖縄の海岸には外国製のごみが流れ着くことが多い。

沖縄県は他県までよりも韓国、台湾に近い島々もあります。と言うことで風向きとか潮の流れで、海岸にハングルや中国語の書いてある見慣れない形の容器やボトル、プラスティックの容器などが流れ着くことも多々あります。改めて日本だけどアジアに近い地理的な環境を再確認させられます。

・沖縄で無くなりそうなもの

最近子供たちと話すと、沖縄方言の単語すら知らない子供達が普通になるくらい増えてきています。かろうじてウチナー大和口みたいなものを使っているのは、俗にヤンキーと分類されてしまうような男の子達。女の子は「なにそれ、わかんなーい。」。勿論両親の核家族化とマスメディアの責任が大かと思いますが、人間は思考を言語で考える事も多く、ウチナーンチューの物事の考え方まで変化させてしまうのではないかと危惧しています。勿論本島那覇周辺から離れれば離れるほど、この傾向は少なくなるとは思いますが…。

沖縄本島のビーチで遊ぶと、海の中に生きている珊瑚がほとんどいないことに気が付かれると思います。
海水の異常高温、オニヒトデ、乱開発による赤土の流入。そしておまけに無知な人々が平気で上に乗り珊瑚を折ってしまう…。
安全を重視してと言って人工ビーチの急増。これは補助金などの使いみちの一つだとは思いますが、自然の生態系に悪影響を与えないはずがありません。
勿論、離島にはまだまだ多くの珊瑚礁がありますが、リゾート開発の手はそこまで伸びていこうとしています。

本島の商店街も衰退の一途をたどっています。車社会の沖縄では、駐車場を用意した郊外型のショッピングセンターができるたびに、商店街の人の姿が減ってきています。唯一国際通りはメインストリートの面目を保っていますが、宜野湾、コザ、名護などの商店街は、休日に行ってもシャッターを閉めて貸店舗の紙を張った所が目立っています。多分全国的傾向でしょうが、沖縄では特にこの傾向が早く進んでいるように思えます。勿論周辺部、離島ではまだまだ小さな商店も元気ですが、都市部では楽しいマチヤー小が無くなっていくのは時間の問題かもしれません。

・一家族の離島
一部では有名ですが、多良間島の北にある水納島の住人は一家族です。
同様に渡嘉敷村の無人島だった前島にも一家族が2,3年前に帰ってきました。私も確かめてはいませんが、噂だと家族の意見がそろわずに、今後の展望が一本化できないでいるようで、大きなお世話では有りますがちょっと人事ながら心配です。

・沖縄で見たちょっとびっくり光景

・女学生が夏の制服のままビーチの海に飛び込んで遊んでいた。

・離島でナンバーのない、しかもフロアーが錆びて穴の開いた自動車が送迎に使われていた。

・ある島の有料のレンタル自転車が、どれも錆びていてどこか壊れていた。

・水着だけで泳ぐ地元の女の子はとっても少ない。皆Tシャツ短パン。でも、見えないけどその下におしゃれな水着も着てます。

・天婦羅が、皆西洋風フリッターのように皮が厚い。

・見たと言う話では有りませんが、女の子の会話に「ふん!」が多い。「だからさー、ふん。」

・赤ちゃんは生後百日前後にすっぽんぽんの写真を撮られる事が多い。その撮影方法もびっくり!

・空が青い。本当に青い。
そして高い。
東京出身の私には、驚きの光景でした。 
                             by N.Kobayashi



沖縄地域情報NET沖縄地域情報NET
リンクいただける場合は、テキストリンクかALTを入れたバナーリンクでお願いいたします。
例:沖縄地域情報NET.
ソース:<a href="http://www.okinawanet.info/olinet/" target="_blank">沖縄地域情報NET.</a>